抜髄と感染根管治療の違い|藤本歯科クリニック|神戸市の歯医者

〒650-0023
兵庫県神戸市中央区栄町通 4-1-11

ブログ BLOG

抜髄と感染根管治療の違い

根管治療は、
2種類に分類することができます

抜髄

抜髄とは歯髄(神経)を除去することです。歯髄腔の中には血管や神経が充満しており、この中の歯髄組織を確実に除去することを抜髄といいます。歯髄の先は象牙質に入り込んでおり、歯を再生させ歯の強度を保ちます。抜髄の段階で無菌的な丁寧な治療を行い、かつ精密な土台やかぶせものをセットすることが出来れば、高い確率で歯の根っこの管の中に細菌がいない状態を長持ちすることができます。

感染根管治療

根管治療が終了している根が再び感染してしまった場合にも、根管治療が行われます。この場合の治療方法は、感染根管治療と呼ばれます。感染根管治療とは、歯の根の管の中の細菌や汚染物を取り除き、根尖性歯周炎を抑えていく治療です。抜髄と違い、すでに細菌に感染してしまっている状態から無菌的な状態を作り出していかなければいけないので、飛躍的に処置の難易度が上がります。