主に表面に出ている部分の治療になります。
削る部分が少なく詰め物だけでできる治療や、大きな虫歯などの場合は歯の土台を作りその上に被せものを作る治療などがあります。

小臼歯と大臼歯の4本を連結して強度を上げています。笑顔になった時に歯の金属部分を見せたくないという場合は、天然歯に近い色で審美性を向上した被せ物を作ることができます。

ごく一般的な被せ物の治療です。1本だけの治療でも、かみ合わせや隣接する歯との高さなどを考慮して治療します。

歯周病や虫歯などにより、歯を失ってしまった部分の治療になります。
主な治療は、欠損部の両隣の歯を削り連結した被せものを装着するブリッジや歯を失った部位に人工の歯根を顎の骨に埋め込み、
その上に歯を作成するインプラント治療欠損した部分だけに入れ歯を作る部分入れ歯などがあります。

奥歯の2本が欠損しています。その手前の2本の歯を土台にするために削ります。

土台の歯に連結した強度の高い被せ物を作り、欠損した奥歯の2本は部分入れ歯で作りました。

被せ物は土台の歯に固定しますが部分入れ歯は可撤式になっており、お口の中を清潔に保つことができます。

外科治療の中で最も知られているのがインプラント治療ですが、親知らずなどの抜歯や歯肉(歯ぐき)より下の歯周病治療も外科治療に属する場合があります。
主に表面には見えていない部分の治療を外科治療といいます。

レントゲンを撮り目に見えない部分がどのような状態にあるのかを把握します。その後治療方法を患者様と相談しながら決めていきます。

インプラント治療の事例です。
上顎左側に1本のインプラントが入っています。
下顎のほとんどの奥歯が欠損しているためインプラント治療をおこないます。

下顎の両側にそれぞれ2本と3本のインプラント治療をおこないました。
しっかりと噛み合わせができるようになり、お口の中はもちろん心身の健康を取り戻していただきたいと思います。

悪い歯ならびをきれいな歯ならびにしたり、噛み合わせが悪い状態をきちんと噛み合うようにする歯科治療です。
矯正装置を通じて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かして、歯ならびと噛み合わせを治していきます。

治療前、歯並びかみ合わせともに正しい状態ではないため、しっかりと噛めないなどの問題がありました。

約1年間の矯正治療後の状態です。上下ともに歯並びがきれいに整い、噛み合わせも正しい状態に治療しました。

矯正治療は笑顔になった時の審美性や正しい噛み合わせによる心身の健康を取り戻します。